ゴールデンボンバーのライブ·コンサートのチケット情報

ライブ・コンサート・イベントに関する情報やチケット販売情報をご紹介します。お気に入りに登録すると、イベントに関連する最新情報をメールでお届けします。


ゴールデンボンバー(英: GOLDEN BOMBER)は、日本のヴィジュアル系エアーバンド。所属事務所はeuclid agency。レーベルはZany Zap(ユークリッド・ミュージックエンターテイメント傘下)。愛称は金爆(きんばく)。

2013年、楽曲「女々しくて」でオリコンカラオケランキング49週連続1位を獲得し、新記録を樹立。連続1位記録はその後同年8月26日付の51週まで継続した。また2014年にはJASRAC賞金賞をインディーズ作品として初めて受賞した。

2004年に鬼龍院翔(Vo-karu)と、喜矢武豊(Gita-)を中心に結成された。エアーバンドのため、基本的にボーカル以外のメンバーは、楽曲に合わせ楽器を演奏するフリをしている。それ以外にも、メンバーによる様々なパフォーマンスが行われている。その一方で音楽に興味がないと発言している。しかし稀にライブで実際に楽器を演奏することもある。鬼龍院自身はサウンドは一人でやることを好んでいるものの、舞台上での見栄えという観点からバンドの利点を見出している。メンバーもゴールデンボンバーが鬼龍院のものであると認識している。

ほぼすべての楽曲の作詞、作曲、編曲は鬼龍院翔(Vo-karu)が手掛け、編曲はeversetのギタリストであるtatsuo、および一部の楽曲はコンポーザーのDJ Massと共同で行っている。音源楽曲の演奏は、メンバーではなくtatsuoによるものである。事務所に所属する前はライブで鬼龍院が作成した音源をCD-Rに録音、再生していた。事務所に所属してからは鬼龍院の提供するMIDI音源に基づいて、tatsuoが楽器を演奏して音質を上げている。様々なミュージシャンがレコーディングに参加しており、Leda(DELUHI)、shuji(Janne Da Arc)、SHUSE(La’cryma Christi)などが挙げられる。

バンドとしてはライブに力を入れて活動しており、鬼龍院の作る大枠に基づいて構成を決めている。単独のライブでは特にきわどいパフォーマンスが取られ、卑猥な発言や男性器、屁などを強調する行動が見られる。他にも体を張ったパフォーマンスが多いが、これは自分たちが体を張った笑いが好きで、視聴者を楽しませるためと述べている。一方で発言が原因で第63回NHK紅白歌合戦のリハーサルではプロデューサーから苦言を呈されたこともある。進行はMCでネタを振ってギターソロでそのネタを踏襲するという手法が取られている。またビジュアル系の耽美な世界観からは乖離しているものの、パフォーマンス自体はヴィジュアル系のパロディとなっているものもある。後に交友を持つようになったミュージシャンのDAIGOは、バンドを知った経緯を自身の写真の無断使用と述べている。過去にヴィジュアル系音楽のラジオ番組などを担当したDJの浅井博章は一般層になぜゴールデンボンバーが受けているかについては分からないと述べている。音楽プロデューサーの伊藤涼はヒットの背景に、新しく音楽を聴く世代にとっての音楽のゲーム化を指摘している。

使用しているロゴはフジテレビの『ゴールデン洋画劇場』のロゴと酷似しており、鬼龍院自身もブログで言及している。キャッチコピーは「笑撃のライブパフォーマンスと、奇才・鬼龍院翔の創り出すクオリティーの高い楽曲で注目の究極のエアーバンド」。コンセプトは「ハイパー・ギガ・ハイブリッド・スーパー・サブカル・ビジュアル・ロック」。楽曲のミュージックビデオは「女々しくて」をはじめ、今村繁が担当している。  Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported

お気に入り登録をしてゴールデンボンバーのチケット情報をメールで受け取る

  お気に入り登録する

公演情報


該当するイベントはありません。