ジェイク・シマブクロのライブ·コンサートのチケット情報

ライブ・コンサート・イベントに関する情報やチケット販売情報をご紹介します。お気に入りに登録すると、イベントに関連する最新情報をメールでお届けします。


ジェイク・シマブクロ(Jake Shimabukuro、1976年11月3日 – )は、アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル出身の日系5世のアメリカ人ウクレレ奏者/作曲家。稲妻のような超速弾きと正確無比なテクニックを併せ持つ、ウクレレの達人であり、「ハワイのジミヘン」との異名を持つ。ジャズ、ブルース、ファンク、クラシック、ブルーグラス、フォーク、フラメンコの要素を組み合わせた数多くの音楽を手がけ、映画『フラガール』 (2007年)や日本版の『サイドウェイ』(2009年)など2つの日本映画の全サウンドトラックを作曲する。

2000年代の初頭にソロ活動を通じて日本とハワイで知られる存在となる。彼の巧みなアレンジと演奏によるホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスのビデオが彼の知ることなくYouTubeに投稿されバイラルビデオとなり、2006年に国際的に有名になる。その後、コンサート、伝説的なミュージシャン達とのコラボレーション、メディア出演、音楽制作活動などが著しく増えることとなる。2012年には、彼の半生、キャリア、音楽をもとにしたドキュメンタリー映画である Jake Shimabukuro: Life on Four Stringsがリリースされ、数多くのフィルムフェスティバルで受賞を受ける。また、アメリカのテレビ局のPBSで放送され、その後DVDとしてもリリースされた。

弟のブルース・シマブクロも、ハワイで有名なウクレレ奏者である。

母語が英語であるため、日本語はあまり得意でないようだが、コンサートのMCの際日本語を使う。決まり文句として「よろしくお願いシマブクロ」がある。ただ、近年は日本語力も向上しているようで2014年8月8日の『ミュージック・ステーション』(テレビ朝日)に出演した際には通訳が傍に待機していたものの、番組内では通訳なしで会話をしていた。

既婚者であり、2012年に第1子が誕生した。  Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported

お気に入り登録をしてジェイク・シマブクロのチケット情報をメールで受け取る

  お気に入り登録する

公演情報


該当するイベントはありません。