秋田竿燈まつり2019

国重要無形民俗文化財
「秋田竿燈まつり2019」

竿燈まつりは、真夏の病魔や邪気を払う、ねぶり流し行事として宝暦年間にはその原型となるものが出来ていたという。

現在残っているもっとも古い文献は、寛政元年(1789)津村淙庵の紀行文「雪の降る道」で、陰暦の7月6日に行われたねぶりながしが紹介されている。このときにはすでに秋田独自の風俗として伝えられており、長い竿を十文字に構え、それに灯火を数多く付けて、太鼓を打ちながら町を練り歩き、その灯火は二丁、三丁にも及ぶ、といった竿燈の原型が記されている。

元々、藩政以前から秋田市周辺に伝えられているねぶり流しは、笹竹や合歓木に願い事を書いた短冊を飾り町を練り歩き、最後に川に流すものであった。それが、宝暦年間の蝋燭の普及、お盆に門前に掲げた高灯籠などが組み合わされて独自の行事に発展したものと言われている。

開催概要

日時 8/3(土)~8/6(火)
会場 秋田県秋田市 竿燈大通り(夜本番)
竿燈まつり 夜本番スケジュール
  • 18:15 交通規制
  • 18:50 竿燈入場
  • 19:25~20:35 竿燈演技
  • 20:35 ふれあいの時間
  • (写真撮影や竿燈体験が可能)

チケット情報

入場券を購入
販売開始
  • 5/7(火)10:00 ~
席種
  • ■B席2,100円(税込)

オリジナルピクチャーチケット

写真入りチケット オリジナルピクチャーチケット
  • 楽天チケット限定
  • 楽天チケットで購入すると、ここでしか手に入らない オリジナルピクチャーチケット でお届けします。
  • さらに楽天チケット購入者限定、 秋田竿燈まつり公式ガイドブック (300円相当)をプレゼント!
  • 受付は配送のみとなります。
  • チケットの発送は7月下旬以降を予定しております。
  • チケットのデザインは変更になる場合がございます。

ACCESS MAP

秋田竿燈まつりホームページ

メニュー