LOS LONELY BOYS
LOS LONELY BOYS
 来年メジャーデビュー10年を迎えるグラミー受賞バンド 

リアル・テキシカン・ロックンロールが奏でる鉄壁の3兄弟が、
待望のニューアルバムと共に昨年フジロック以来となる再来日決定!

2014.1.30(木)LIQUIDROOM
OPEN18:30 / START19:30 ALL STANDING¥6,500(税込)※ドリンク代別 

公演開催一覧

公演名
公演日
公演時間
エリア
会場
このイベントの販売は終了しました
LOS LONELY BOYS
2014年 01月 30日 (木)
開場 18:30 / 開演 19:30
東京都
LIQUIDROOM
販売終了
このイベントの販売は終了しました
LOS LONELY BOYS
販売終了
ロス・ロンリー・ボーイズによる“もう一つの「ティアーズ・イン・ヘヴン」”の来日公演動画公開!

エリック・クラプトンの名曲「ティアーズ・イン・ヘヴン」を、クラプトン自身がライブで歌わない理由を、知っている人は少なくないだろう。
この曲は、彼の亡くなった息子に捧げられた悲しい、私的で特別な曲なのだ。
一方で、ロス・ロンリー・ボーイズの代表曲「ヘヴン」も、悲しい体験をもとに作られた曲だということはご存知だろうか。
日本では朝の人気番組「スッキリ!!」の天気予報のコーナーのBGMとしてもお馴染みのナンバー。
明るく爽やかなイメージのこの曲だが、背景には「ティアーズ・イン・ヘヴン」同様に、悲しい出来事があるのだ。

18歳で男の子の父親となったヘンリー。かけがえのない家族を得て、幸せな毎日を送っていたが、そんな日々は長くは続かず、愛息子は天国へと旅立ってしまう。
その時、涙に暮れるヘンリーにまるで息子からのメッセージのごとく、浮かんで来たフレーズ、それが「ヘヴン」の一節だったのだ。

「息子に会える天国とは一体どれほど遠くにあるのか?ここよりも心が救われる場所は一体何処にあるのか?どうしたらこんな自分の生き方を変えられるのか?」

神様にこのように問いかける歌詞は、その時のヘンリーの心の叫びであり、息子を悼む気持ちだった。
このようにして出来上がった曲はやがて、悩みを抱える多くの人々の心の琴線に触れ、世界的なヒット曲となったのだ。
 
そして今も、この曲が持つ癒しのメッセージ、ポジティヴなヴァイヴは世界中の人達の心に届き続けているというわけだ。
「ティアーズ・イン・ヘヴン」を歌わないと決めたクラプトンとは対称的に、ヘンリーはこの曲を歌い、伝え、人々と共有することで自分の体験を昇華していく道を選んだのだ。


2012年に行われた前回の単独来日公演での「ヘヴン」のライブ映像(協力:WOWOW)


このライブ・パフォーマンスについて、メンバーのジョジョ(vo & b)はこう語る。

「初来日したときの「ヘヴン」の感動のテイクが日本盤に収録されるなんて最高だね!とてもスペシャルだ。
あの日のことは凄く覚えてるよ。ステージ上からオーディエンスが泣いているのが見えたんだ。本当に素晴らしい、何ものにも代え難い時間だった。
早く日本に戻ってプレイしたいよ。」
 
辛い過去や、悩みを抱えている方も、同じ想いを共有できる彼らの来日公演に足を運んでみてほしい。
この単独来日公演時の「ヘヴン」の音源は、『レヴェレーション』の日本盤にボーナス・トラックとして収録されている。

イベント詳細

公演期間
2014年1月30日(木)
販売期間: 一般発売
2013年11月2日(土) 10:00
説明/注意事項
※ドリンク代別
※ご購入されたチケットは、理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはお受けできません。
※購入時、チケット代の他にシステム利用料等、各種手数料が必要となります。
※中止等の場合、手数料は返金いたしませんので、予めご了承ください。
お問い合わせ先
SMASH 03-3444-6751 smash-jpn.com/smash-mobile.com
HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999 doobie-web.com
公演期間
販売期間: 一般発売
説明/注意事項
お問い合わせ先
JK(レヴェレーション)