コーラスラインのライブ·コンサートのチケット情報

ライブ・コンサート・イベントに関する情報やチケット販売情報をご紹介します。お気に入りに登録すると、イベントに関連する最新情報をメールでお届けします。


『コーラスライン』(A Chorus Line)は、1975年7月25日に初演されたブロードウェイ・ミュージカル。マイケル・ベネットの原案・振付・演出、マーヴィン・ハムリッシュの音楽による。
舞台はブロードウェイの劇場で、コーラスラインのオーディションに参加するダンサーたちを描く。「コーラスライン」とは、稽古で舞台上に引かれるラインのことで、コーラス、つまり役名のないキャストたちが、ダンス等でこれより前に出ないようにと引かれる。メインキャストとコーラスを隔てる象徴ともなっている。
1975年の初演から1990年4月28日の千秋楽まで6137公演という、当時としては最長のロングラン公演記録をたて、1976年のトニー賞では最優秀ミュージカル賞をはじめ9部門を獲得した。ブロードウェイでは『CATS』に抜かれるまで、最長のロングラン記録を持っていた。
制作に1年をかけている。
2006年10月5日からブロードウェイの・ショーエンフェルド劇場(Schoenfeld Theatre)でリバイバルされたが、2008年8月17日に759公演でクローズした。
2006年バージョンはそのオーディションの模様がドキュメンタリー映画として撮影され、日本では『ブロードウェイ♪ブロードウェイ〜コーラスラインにかける夢〜』として2008年10月に公開された。
2009年と2011年には来日公演も行われている。
日本では劇団四季によって1979年9月24日に初演を迎え、以来断続的に上演されており同劇団の歴史的に重要なレパートリーの1つである。日本版上演にあたり、演出家・浅利慶太は台本の1行1行全ての説明をマイケル・ベネットから直接聞いたという。初演の舞台稽古にはベネットも訪れた。

Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported

お気に入り登録をしてコーラスラインのチケット情報をメールで受け取る

  お気に入り登録する

公演情報


該当するイベントはありません。